SEMで地域ビジネス活性化を応援するため、リスティング広告とその周辺領域についてお伝えしていきます。

リスティング広告にまつわるCookieについてまとめみる

Cookies / diekatrin

Cookie Clickerなるゲームが流行っており、全世界でクッキーが量産されているのですが、インターネットの世界でもCookieが量産されてます。普段意識しないのですが、リスティング広告を深く知るためにはCookieの基礎知識は欠かせないと思います。今日はメモ的にまとめてみます。

Cookieってなに?役割は?

Cookieとその役割

一般的な話で大まかになりますが、Cookieとはインターネットのサイトを閲覧した際に、ユーザーに関する情報や、閲覧した日時・回数、その他の情報をまとめたものです。Cookieはブラウザが通信を行った際に、通信先のサイトから発行され、ブラウザに保存されます。Cookieはブラウザ単位で保存されます。

 

 リスティング広告におけるCookieの役割

リスティング広告に深い関係があるものですと、主に次のものが上げられます。

  • コンバージョン計測(媒体の計測タグ、その他広告効果測定ツールなど)
  • リマーケティング、サイトリターゲティング
  • Web解析(Googleアナリティクス)

 

コンバージョン計測

リスティング広告をクリックすると、管理画面で設定したリンク先URLに遷移をするわけではなく、必ずアドサーバーを通してリンク先URLに遷移します。

アドサーバーにアクセスした時点で、アドサーバーから各種ブラウザに広告用Cookieを発行します。その後に設定されたリンク先URLに遷移(リダイレクト)されます。ここで発行されたクッキーを保持するブラウザが、コンバージョンタグを読み込むと、コンバージョンとしてカウントされる仕組みです。

 

リマーケティング

リマーケティングに使うCookieは、リスティング広告のクリック有無に関係しません。

サイト内に挿入されたリマーケティングタグをブラウザが読み込むと、リマーケティングの対象となるユーザーの証として、リマーケティング用Cookieをブラウザに発行します。先に説明したコンバージョン計測用Cookieとは異なります。

 

Web解析

Web解析に使うCookieは、リスティング広告で使われるCookieとは異なります。Cookieを保持したユーザーの訪問状況を蓄積し、ユーザーの訪問状況を計測します。

リマーケティングと同様、サイトに埋め込まれた計測タグをブラウザが読み込むと、Web解析用のCookieがブラウザに発行されます。

 

Cookieは保持期間(有効期間)がある

Cookieには保持期間というものがあります。Cookieの発行・更新してから任意に定められた期間を過ぎると、効力を失います。

コンバージョン計測用であれば 30日(Google AdWordsは7日~90日まで可変になりました)、リマーケティングであれば最大540日の可変、Googleアナリティクスならば2年が保持期間となります。

例えば、この期間を過ぎた後にコンバージョンをしたとしても、Cookieは無効になるためコンバージョンとしてカウントされません。

 

Cookieは発行方法により種類が分類される

Cookieはどこで発行されたかによって、「1stパーティ」「3rdパーティ」の2つに分類出来ます。

  •  1stパーティ:訪問先サイトのサーバーが発行したもの

「abc.com」というドメインであれば、「abc.com」のサーバが発行したCookie

※リスティング広告をクリックした時に発行されるコンバージョン計測用Cookie、Googleアナリティクスの計測用のCookieがこれに当たります

  • 3rdパーティ:訪問先サイトではなく、第三者(3rdパーティ)が発行したもの

「abc.com」というドメインにアクセスした時に、「efg.com」といった別ドメインのサーバが発行したCookie

※リマーケティング用のCookieがこれに当たり、訪問先サイトとは別のドメインから発行されます

 

1stパーティ、3rdパーティで何か違いは出るの?

ブラウザによっては、初期設定で3rdパーティCookieをブラウザが受け付けないものがあります。

そのブラウザとは「Safari」。PC用、スマートフォン用どちらも初期設定では3rdパーティCookieを受け付けません。

 

safari-pc

 

safari-sp

「知らないサイトや広告のみ」の設定は、3rdパーティCookieをブラウザに保持しません。なので、3rdパーティのCookieでを使うリマーケティングは、一部の条件下を除き配信されません。

このあたりは下記の記事を参照下さい。

 

Cookieを使うことで起こりうる弊害

Cookieはユーザーが自由に削除をすることが出来ますので、次のようなケースが発生する可能性があり、正確に計測できないケースも微少ですがあります。

  • 広告をクリックした後に広告用Cookieを手動で削除した場合
  • セキュリティソフトが広告用Cookie(特にリターゲティング系)を自動削除した場合
  • 広告をクリックしたブラウザとは異なるブラウザ(デバイス)でコンバージョンした

などが挙げられます。

 

まとめ

単純に書き出しただけなので、だからどうしたというような内容なのですが、1年に1度くらいCookieについて考えさせられることがあるので、備忘録といたしました。

ここは間違っているぞ!という点などあれば何なりとご指摘下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントの登録には、下記穴埋め問題の答えの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Follow on Feedly

follow us in feedly

おすすめ図書