SEMで地域ビジネス活性化を応援するため、リスティング広告とその周辺領域についてお伝えしていきます。

【2020.2.13】メモ:Merchant Center アドオンがひっそりと提供終了

Google Merchant Center に Google スプレッドシートを使って商品フィードをアップロードしている人なら誰もが知っているであろう「Merchant Center アドオン for スプレッドシート」が、ひっそりと提供終了となっていました。

2020年1月中旬くらいまでは Google スプレッドシート上の動作を確認できていたのですが、同年1月下旬にはいつの間にか無効化されているのを確認。

日本語のヘルプではアナウンスされていない

日本語のヘルプでは特に提供の終了のアナウンスはされていません。少なくとも、この記事を書いている2020年2月13日現在は。

参照:Google スプレッドシート用の Merchant Center アドオンについて – Google Merchant Center ヘルプ

英語のヘルプではアナウンスされている

同じヘルプでも、表示言語を変えると情報が最新のものに更新されていることがあるので、英語版のヘルプに切り替えてみたらこのような表示が。

The Merchant Center add-on for Google Sheets is no longer available. This article will be removed shortly.

(Google スプレッドシートの Merchant Center アドオンは使用できなくなりました。この記事は間もなく削除されます。)

About the Merchant Center add-on for Google Sheets – Google Merchant Center Help

英語版のヘルプには提供終了しましたというアナウンスが表示されているんですね…。どおりで気づかないわけです。

ということで、オフィシャルにも Merchant Center アドオンが提供終了されたことを確認。

アドオンが使えなくなることによる影響は?

主に提供されている2つのことが、スプレッドシート上できなくなります。

  • スプレッドシート上の入力支援機能
  • 構造化データをスプレッドシートにインポート(反映)

詳細は次より説明いたしましが、アドオンが使えなくなることによって、すでに作成されているスプレッドシートから商品フィードをアップロードできなくなるわけではないので、致命的なレベルでの影響はありません。

スプレッドシート上の入力支援機能

カラムヘッダーで属性を選択できたり、入力値のフォーマットが正しいかなどの検証ができていましたが、これができなくなりました。

つまり、スプレッドシート上で商品フィードを構築する際も、属性と属性値、そして入力値のフォーマットを把握していないといけなくなります。

また、エラー検証がスプレッドシート上で行えなくなるので、都度テストアップロードなどを行って Merchant Center 側のデバッグ機能を利用する必要があります。

構造化データをスプレッドシートにインポート(反映)

商品の構造化データをマークアップしていた場合は、スプレッドシートにマークアップデータのインポートができ、スプレッドシート上で編集なども行えましたが、これもできなくなりました。

ただし、Merchant Center 側の機能として、フィードの新規追加時の選択肢として「ウェブサイトのクロール」が提供されたので、Merchant Center から直接インポートできるようになりました。

インポートされたデータは直接編集できないので、マークアップした構造化データを修正するか、補助フィード、フィードのルールなどを使って修正する必要があります。

2018年の Google Marketing Live でアナウンスされた「Automated-feed」が「自動フィード」という名称で、Merchant Center 内に正式実装された形になります。

Merchant Center アドオンの廃止から思うこと

Merchant Center アドオン、特に日本語環境下ではエラーが起こることもよくあり、また、直近では短期間で商品フィードの属性や属性値が追加されているケースも散見され、プラグインの更新自体も困難になってきていたのだと思います。

また、自動フィードが Merchant Center 側で正式に機能提供できるようになったこともあり、これまで構造化データがインポートできた唯一の手段としてのアドオンの存在意義も薄まった…という背景も相まったのではないでしょうか。

小規模のECであれば、商品フィードをスプレッドシートで構築するケースも多く、地味だけどみんながお世話になったであろう Merchant Center アドオン。これが突然提供終了となったのは残念ではありますが、1つの時代の流れを感じる出来事だったなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントの登録には、下記穴埋め問題の答えの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)