SEMで地域ビジネス活性化を応援するため、リスティング広告とその周辺領域についてお伝えしていきます。

Google に無料で商品を掲載できる、「Google に掲載」がいよいよ日本にもやってきた!

2020年9月30日(米国時間)、Google Merchant Center のお知らせページにて、アジア圏でも「Google に掲載」が10月末までに反映されることが発表されました。

参考:無料リスティングがまもなく世界中で利用可能に – Google Merchant Center ヘルプ

※Google 公式ブログでも発表があったので記事へのリンクを追加
参考:Help for retailers and shoppers in Asia Pacific

日本においては、[Google ショッピング] タブで商品の無料掲載が開始となります。

有料で掲載できる広告枠(Google ショッピング広告)は引き続き掲載され、今回ローンチされる無料の「Google に掲載」は別に表示されるようになります。

画像は SearchEngineLand の記事 「FAQ: All about Google Shopping and Surfaces across Google」より引用

「Google に掲載」は3種類のリスティングから構成されている

「Google に掲載」には3つのリスティング(掲載方式)が用意されており、掲載する面によって表示方法やデータの要件が異なります。

参考:「Google 掲載」のリスティングの種類 – Google Merchant Center ヘルプ

[Google ショッピング] タブ(shopping.google.com)

2020年10月に日本でもローンチされるのが、この[Google ショッピング]タブへのリスティングです。

画像は Google Merchant Center のヘルプより引用

価格、在庫状況、評価、ブランド アノテーションなどの商品属性が表示されます。

Google 検索(google.com)

日本での展開予定は未定ですが、Google 検索でも商品情報が表示されます。

画像は Google Merchant Center のヘルプより引用
画像は Google Merchant Center のヘルプより引用

Google 検索に表示される商品情報は、デバイスや商品のカテゴリ(ファンション系)によって様々な表示がされます。

This is an example Organic Offers via Google Search
画像は Google Merchant Center のヘルプより引用

特定の商品はナレッジパネルの形式で表示されることも。

Google 画像検索(images.google.com)

こちらも日本での展開予定は未定ですが、Google 画像検索でも商品情報が表示されます。

画像は Google Merchant Center のヘルプより引用

この表示形式は日本においても見かけることはありますが、現時点ではGoogle Merchant Center から意図的に表示させる方法はありません。恐らくですが、日本ではGoogleがインデックスした情報からリッチリザルトに対応したものを自動的に抽出しているものかと考えます。

参考:商品  |  Google 検索デベロッパー ガイド  |  Google Developers

「Google に掲載」に必要な商品フィードの属性要件

「Google に掲載」に商品を掲載するためには商品フィードの準備が必要になりますが、リスティングの形式(掲載方式)によって登録が必要となる属性は異なります。

参考:「Google に掲載」に商品を表示するためのデータ要件と利用資格要件 – Google Merchant Center ヘルプ

標準リスティング(最低限必要になる属性)

拡張リスティング(色々な掲載方式に対応するために推奨)

商品フィードを作らなくても商品の登録はできる

「+」をクリックすると個別に商品の登録が可能です。

表示されている項目について情報を入力していくだけでOK。

すべての商品に対応できるような商品フィードを作る余裕は無いけれども、せめて主力の商品だけは対応したい…!という場合は、この画面から個別に商品を登録しておくだけでも良いでしょう。

ショッピング広告を実施している広告主なら、プログラムのオプトインだけで対応可能

左側のナビゲーション メニューで [成長] に移動し、[プログラムの管理] をクリックして [Google 掲載] を選択すると、詳細を確認することが可能です。

今後は他のリスティングへの掲載も期待

今回のローンチは「Google に掲載」のうち、[Google ショッピング]タブへのリスティングのみ対象となりましたが、今後は「Google 検索」「Google 画像検索」への掲載も期待できます。

この種の機能は先行者へのアドバンテージが多い(競合が少ない&知見を早く溜められる)ので、ECを運営されているみなさまはぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントの登録には、下記穴埋め問題の答えの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)