SEMで地域ビジネス活性化を応援するため、リスティング広告とその周辺領域についてお伝えしていきます。

Safariでリマーケティングが配信されるレアケース

673714821_b64bd980ca_o

《2013/06/08追記》
iPhone、iPadでも特定条件下でリマーケティングが配信されることを確認しました。
詳細はこちらから → https://sem-insight.com/2013/06/08/147/

以前のエントリーで、Safariに対してはPCでもモバイルでもリマーケティングは配信されないという事をお伝えいたしました。その点は基本変わっていないようなのですが、なんだかなぁというようなレアな抜け道を見つけてしまったので、共有したいと思います。

気がついたらiPadでリマーケティングが出ていた!?

自宅ではPCを立ち上げずに、iPadでネットを楽しんでいるのですが、気がつけばリマーケティングに追いかけられているではありませんか。仕様が変わったのかな?と思い、早速確認をしてみました。

細かい解説は省きますが、次の条件を満たすとSafariではリマーケティングが配信されるようになるようです。

 

  1. Googleアカウントにログインをしている
  2. その状態で「Ads Preferences Manager」にアクセスした
  3. その後でリマーケティングタグを読み込んだ

1.が前提条件になり、更に2.のAds Preferences Managerにアクセスしないといけないので、これはかなりなレアケースです。なので、Safariもリマーケティングが配信される!バンザイ!にはなりませんのであしからず。

 

こんなレアケースをわざわざ共有することか?

単純に、とある手順を踏むことでリマーケティングが配信されるケースであればそんなに気にしないのです。ただ、そもそもSafariはデフォルトでサードパーティ製Cookieは受け付けないはず。それなのになぜ配信されるの?ということなのです。

では、なぜサードパーティ製Cookieである、DoubleClick.netのCookieがSafariに保持されていたのか。

その答えは、「Ads Preferences Manager」にありました。

 

ミイラ取りがミイラ取りに?

この「Ads Preferences Manager」なのですが、Googleアカウントにログインした状態でアクセスをすると、最終的なランディングページに遷移する途中で、リダイレクトによってDoubleClick.netを経由する構成に今はなっているようです。

つまり、リダイレクト途中でDoubleClick.netを経由することで、DoubleClick.netのCookieをSafariにセットしてしまうのです。DoubleClick.netを経由しているので、ファーストパーティ製Cookieという扱いになり、Safariでもデフォルトでは受け付けてくれます。

なので、「Ads Preferences Manager」へアクセスすることで、DoubleClick.netのCookieをSafariにセット、そのDoubleClick.netのCookieを使って、リマーケティングが配信されるという仕組みです。DoubleClick.netのCookieさえSafariにセットしてしまえば、リマーケティングは配信されるという仕組み。

そもそも「Ads Preferences Manager」は、広告の配信に関する設定や、オプトアウトを行う目的で提供されているサービスなのですが、Googleアカウントにログインしたままアクセスしただけで、利用者が広告配信をオプトインしてしまったかのような振る舞いをする仕様になっているようです。

興味ある広告を配信することこそが利用者のため。と言ってしまえば、そうだよね。となるのですが、どうなんでしょうね。大きな問題になるとは到底思えませんが、気になる所ではあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントの登録には、下記穴埋め問題の答えの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Follow on Feedly

follow us in feedly

おすすめ図書